カシミアセーターの魅力について

カシミアセーターの原料は中国やイランに生息しているカシミアヤギの獣毛です。
このヤギが住む地域は寒冷地帯の厳しい環境下にあり、そこで生き抜くためにヤギの表面は粗毛でびっしりと覆われています。
そしてその下は柔らかい毛が高密度で生えており、この部分を毛の生え変わりの時期に収集して原料とするのです。
それらは非常に高価な値段で取引されており、繊維の宝石とすら呼ばれることがあります。
そこから出来上がったセーターは極めて軽い上に保温性が高く、肌触りもよいのが特徴です。
おまけに弾力性にも優れて型崩れがしにくく、上品な光沢も魅力的でこのセーターは世界でも大変な人気を誇っています。
ただ、欠点がないわけではありません。
デリケートな素材のために品質を保つためにはこまめな手入れが必要で、油断するとすぐに毛玉ができてしまうのです。
安い買い物ではないだけに購入の際にはこの点をよく頭に入れ、高い金を出して買ったのにすぐに駄目になってしまったなどということがないようにしたいものです。

暖かくて軽いカシミアセーター。

皆様はカシミアのセーターをご存知でしょうか?素材はカシミヤ山羊からとれる獣毛を使っておますが、、その特徴を見てみましょう。
、まず、材質的にとても軽く、そしてなによりその肌さわりの良さが伺えます。
この肌さわりの良さは、繊維がとても柔らかくそして細いので皮膚に対して刺激も少なく柔らかい、と感じるようになるのです。
またこの素材には外気を抑える性質もあるので保温性、保湿性ともに優れています。
ほかにも形崩れが少ない、というのも大きな特徴です。
これは糸が伸縮率が高いことから糸の復元力につながり形崩れが少ない、という結果につながるのです。
また、ちゃんとお手入れをしてあげれば長く使えるのも魅力のひとつです。
お気に入りのものはどうしても長く使っていたいものです。
そんな暖かくて軽い、そしてなにより気持ちの良い肌さわりのカシミアセーターは、一着もっているだけでなにかと便利で長持ちもするので利用してみるのも良いかもしれません。

『カシミア セーター』
最新ツイート

ジュン
(@omotenasi123)

カシミアは何から作られているのでしょうか。カシミアはカシミアヤギ(山羊)から取れた毛、または、それから織った毛織物です。カシミアヤギの柔毛は1頭から150g-250gしか取れず、セーターを作るにはヤギ約4頭分の毛が必要だそうです。

3時間前 - 2017年05月24日


Siki△鳥類
(@ixxSiki)

@mikkundayo_ オッ😃みつあきクン頑張ってるかい⁉️昨日タンスの整理をしていたらみつあきクンに似合いそうなセーターが出てきてね(^。^)おじさんがもっと細い時に😅三越で買ったカシミアのセーターなんだけど着てみるかい⁉️今の若い子はカシミアとか着ないのかな〜σ(^_^;)

16時間前 - 2017年05月23日


ぼーちゃん
(@polly_yuri)

ヴィはミラノあたりの高級デパートのトイレで盛って勇利くんにブチ切れられてほしい。カシミアのセーターが並んでる高級アパレルショップが並ぶなか、シルクのパンツ一枚だけ買うバカップル……。

20時間前 - 2017年05月23日


セレブルース・ウェインbot
(@celeb_b_wayne)

(カシミアのセーターが350ドル、ギーブズ&ホークスで仕立てたスラックスが675ドル、ジョン・ロブの靴が2750ドル  育児の喜びは…金じゃ買えないか 世間の両親はどうやって耐えてるんだ?)

1日前 - 2017年05月22日


ジュン
(@omotenasi123)

カシミアは何から作られているのでしょうか。?カシミアはカシミアヤギ(山羊)から取れた毛、または、それから織った毛織物です。カシミアヤギの柔毛は1頭から150g-250gしか取れず、セーターを作るにはヤギ約4頭分の毛が必要だそうです。

1日前 - 2017年05月22日


Favorite

2016/6/23 更新