カシミアマフラーの特徴や取り扱いについて

繊維の宝石とも例えられるカシミア素材の大きな特徴は、繊維の細さ・生地の密度の高さ・滑らかで美しい光沢です。
生息地の限定されたカシミアヤギの柔毛部分を採取した希少性の高い高級素材として、世界中の国々で高く評価されています。
チクチクしない柔らかな肌触りと、軽量で保温性に優れるカシミアは、刺激などに敏感な首元に触れるマフラーとして、性別を問わず最適な素材です。
ビジネスやフォーマルなシーンから、カジュアルまで、様々なシーンの装いに似合います。
高価なものなので、その年毎の流行にもあまり左右されることなく、長く使用する事が出来ます。
取り扱いの注意点としては、洗うことで風合い失われてしまうため、極力シミ・汚れを作らない様に気をつけることが大切ですが、もしも出来てしまった際は際は早めにクリーニング店に相談するということや、ピリング(毛玉)が発生したら毛玉取り器等を使用して丁寧に取り除くこと、通気性の良い場所への保管・必要に応じた除湿・防虫対策を行うなどの点があります。

虫に食われないカシミアマフラーの保管方法を大発見

滑らかで光沢のある最高級の素材、それがカシミアです。
高価な製品であるため、セーターだけでなく、マフラーのような小物であっても、気をつけて保管する必要があります。
シーズンオフになったときに、何も考えずに箪笥に突っ込んでおくと、翌シーズンには虫に食われて穴だらけという羽目になってしまいます。
手軽なカシミアのマフラーの保管方法として、次のような方法があります。
まず、衣類用の圧縮袋を用意します。
これはスーパーや百円均一ショップなどで安価に手に入れることが可能です。
そして、圧縮袋にカシミアのマフラーやセーターなどを入れるのですが、このときに念のため防虫剤と乾燥剤を入れておくとよいでしょう。
その後、圧縮袋内の空気を所定の方法に従って抜いていき、ぺたんこの状態になったら完成です。
ビニール製の圧縮袋は、外部から害虫の侵入を阻むとともに、埃も防いでくれるというメリットがあり、空気を抜くことによってカビの発生も防いでくれます。

check

最終更新日:2017/5/1

『カシミア マフラー』
最新ツイート

sota ohara
(@sottar_)

母にも弟にもカシミアマフラーのお土産お願いされた

17時間前 - 2017年08月21日


悪役3人組bot@ネタ募集中
(@yugugibot)

ユガ「アナタたち!今年の冬はよく冷えると聞きましたので、マフラーを編んでみましたよ。ほら」ギラ「ユガにしては気が利くじゃないか、…フフンどうだ似合うだろう?」グフー「ギラヒムが似合うかどうであれ、私マフラーはチクチクしないものがいいです。カシミアのはないのですか」

23時間前 - 2017年08月21日


brandlover201410
(@brandlover20140)

ダンヒル(dunhill)カシミアマフラー カシミア100% グレー - ヤフオク! https://t.co/oK2SSkofJc

1日前 - 2017年08月21日


ゆーき
(@krfvbjjyua67)

冬服考察九浄→スカジャンとかそういうの 志萬→モッズコートとかの短くて黒いの 黒薔薇兄弟→毛皮 千両→こたつ 店長→どてら マジョコ→毛皮 姫→毛皮 弁天→毛皮 風姉弟はなんだかんだで流行の物つけそう 警部→トレンチにカシミアのマフラーをファーって 三輪山→青島みたいなやつ

1日前 - 2017年08月21日


墓友荒北Bot
(@yasuhakabot)

福チャンにカシミアのマフラーをプレゼントするヨ、喜んでくれるかなァ。

2日前 - 2017年08月19日