繊維の宝石と言われる「カシミア」とは

カシミヤは、インド北部のカシミール地方高山一帯の生息するカシミヤ山羊から取れる毛で、通常のウールは羊の毛を刈ったものとして、同様のウールに属しながら、原糸にされると高級糸として分類されます。
カシミヤはマフラーやコートなどには布帛素材として用いられ、ニット製品には毛糸が使われ、セーターやカーディガンが作られます。
普通のウールに比べ毛が細くそれでありながら密度が高いことから、少量でも温かみがあり、セーターなどのニット製品では軽くて暖かいという特徴があり、光沢がよく、なめらかな素材から肌触りが良い性質を持ち、繊維の宝石と例えられます。
この原糸のみを使って生産された製品には、カシミヤ100%と表示されます。
本来は「カシミヤ」ではなく「カシミア」と言いますが、製品につける品質表示や販売時にサイズや品質を表示するタグには「カシミヤ」と表示されます。
近年になってカシミヤ製品が安価に販売されると、カシミヤの基準値に満たない粗悪な製品をカシミヤ100%と偽った表示によりインターネットなどで販売されるケースが多く、購入者に十分な注意が促されています。
本来カシミヤは、一頭から取れる分量が限られており、非常に高価であるため、低価格であれば品質に疑問を持つ方が良いでしょう。

カシミアについて詳しく知ろう

カシミアが高級素材だという事はご存知の方は多いでしょうが、なぜそう言われているかはご存知でしょうか。
まずカシミアは中国やモンゴルを中心に寒暖さのある山岳地帯に生息するカシミアヤギの産毛の事です。
ヤギ1頭からとれる産毛はわずか150グラムから200グラムでマフラー1枚分の量です。
セーターならヤギ4頭分も必要となってくるので非常に希少な事が高級素材の理由となっています。
また毛が細く密度が高いので保温性と保湿性に非常に優れています。
しかし着心地は軽く肌触りも柔らかく優しいので男女問わず幅広い年代の方に好まれています。
独特のぬめり感が醸し出す上品な光沢も魅力の一つです。
その中でもランクはあり、毛質は細ければ細いほどしなやかな光沢が出るとされています。
長さは長いほどほつれにくくなり良い生地が出来ますし、色は白に近いものが重宝されています。
白ければそのまますぐに茶色やグレーなどの染色が可能なので脱色の工程を省く事で傷む事を防げるからです。
繊細な生地なので毛玉にはなりやすいですが正しい保管、手入れする事でいつまでも綺麗で柔らかい状態を維持するができます。
毎日着用する事は禁物ですので1日着用したら数日間は休養させましょう。
その際は風通しの良い場所で陰干しをし、もし汚れてしまった時はすぐにクリーニングに出す事が大切です。

注目サイト

川西でエアコンクリーニングなら
http://www6.plala.or.jp/osoujihonpo_kawa/
ハンドケア 手袋
http://www.suzuki-socks.co.jp/

2017/1/12 更新

『カシミア』
最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ptdsuss1/public_html/index.html on line 48